tsuyuniyo’s blog

毎日、時々、気が向いた時

【スポンサーリンク】

そんなことないんだけど、「そんなことないよ」って否定するほどでもないことって永遠にモヤつかないといけない

タイトルが最近のラノベかってくらい長くなっちゃってるけど、ホントこの一文にすべてが集約されてる。

 

 

たまに会話の中で

 

「〇〇好きなんですね!」

 

とか言われて

別に好きってほどではないけど、否定したところで

 

「い、いやまぁ…デュフww

で、でもそんな好きってほどでもなくて、まぁた、たしかに好きですけどもww

でも正直どちらかといえば△△のほうが好きなんですけどね…デュフフw

あ、△△、知ってます?ww

△△っていうのは…」

 

ってなるのが関の山だから、否定しないでおこう…の思考になる。

でも、そうすると三日三晩布団の中でそのことを悶々と考える羽目になる。

 

事細かに説明したところで、相手は大して興味ないだろうなーってことも、ちゃんとわかってる。

それでも違うんだぁ!と言いたい自分もいる。

 

 

 

具体例を言うと、会社なんかで男性に

「旦那さんどんな人?」

とか聞かれた時。

 

私の夫は一言で言うなら、背が高いということ以外に特徴がない。

ただ、ここで

「あー、背がめちゃくちゃ高いですね。」

っていうと

「…やっぱ女性って高身長が好きなんだね。(このミーハー女!クソブス!調子乗んな!)」

ってなりがち。

 

 

いやいやいやいやいやいやいやいやいや!!!

そんなことないから!!!!!

高身長好きな女性ももちろんいるだろうけど、「自分より高けりゃいいや」みたいな人多いから!!

実際、私が過去好きだった人は同じくらいの身長の人だったし、別に高身長がいいなんてこと絶対ないから!!!!

 

hydeアンガールズ田中だったらhyde選ぶから!!

岡田准一松坂桃李だったら迷いすぎて選べないから!!!

 

 

と思っても、別に私の過去の恋愛とか芸能人どっち選ぶ話なんてこれっぽっちも説明されたくないだろうし、黙ってる。

 

 

そうすると挙句

「俺は身長がコンプレックスなのに…。」

みたいな被害者ヅラされることまである。

 

 

「そんなの全然気にならないですよ!」

って爽やかスマイル(自称)で言ったところで

「は?旦那デカいじゃん。」ってなる。

針のむしろ。まじで。

 

そして夜な夜な謎の罪悪感に苛まれる。

よく考えたら、私1mmも悪くないのに。

聞いてきたのそっちなのに。

 

別に旦那も身長で選んだわけじゃないし。

選んだというよりも、私なんかと付き合っていただけたということでしかないのに。

 

ついでに言わせてもらえば、パートナーが大きいことで得られるものは特にない。

「高いところのもの取ってもらえるじゃん。」

はよく言われるけど、私からすると

「あれ取って」っていう手間と、

脚立持ってくる手間はそんなに変わらない。

むしろ「取って」「戻して」って何度もお願いするの忍びないから、脚立持ってくる方が早い。

 

「守ってもらえるね!」

も時々言われるけど、現代の日本に於いてそんな守ってもらうことある?みんな流れ弾に当たる心配とかあるの?私はない。

なんだったら現状、ゴキブリからすらも守ってもらえていない。

旦那はゴキブリ前線で勝手にしんがり決め込んでやがる。敵は前にしかいないのに。

 

 

昨日で夏休みが終わって、今日から上の子が幼稚園に行った。

夏休みの宿題とまではいかないけど、生活ノート的なの渡されて、最後の方に夏休みの思い出を書かないといけない。

「えやしゃしんでおもいでをおしえてね」

みたいな

「全部ひらがなで書いてあるけど、これやるの親じゃん」

ってなるようなことが書いてあって、絵も字もだるいから何枚か写真貼った。

 

そしたら担任の先生に

「わぁ!たくさんお出かけしたんですね!」って言われた。

 

 

いや!このご時世!!そんなお出かけしてないですよ!

1、2箇所お出かけした時にたくさん撮った写真を数枚貼ったら、めちゃくちゃ出かけてる的に言われた。

ほぼ家におったがな。

でも確かにお出かけ自体はしてるし、否定するほどでもなくて

「ははw」ってなって終わった。

 

 

 

 

先生ぇーーーー!!!!

私たち!!!そんなお出かけしてないです!!!!!ホントです!!!!!!

 

っていう感情をあと4、5日引きずる予定。

 

 

 \こちらもどうぞ/

tsuyuniyo.blog

tsuyuniyo.blog

tsuyuniyo.blog

広告に出てくる漫画は気になった時点で負けている

最近インスタとかTwitterの広告に出てくる漫画がどれも気になってしまって、読んでみてる。

 

とりあえずリンク飛んでみたり、漫画のタイトル調べてみたりすると、あれ系の広告って大体元はなろう小説。

 

漫画版だと有料だったり、途中までしか読めなかったりするから、なろうから原作読んでる。

 

 

もうさ、9割異世界転生もの。

みんなちょっと現世諦めすぎじゃない?

もうちょっと現世でなんとか一念発起して頑張る話はないのか。

 

 

私が女だからか、大体女の子が主人公の漫画がでてくる。

半分は悪役令嬢もので、もう半分は不遇の令嬢もの。

これなんでなの?

可哀想な私スタートからなのは何故なの?

 

 

 

悪役令嬢系だと、破滅エンド回避のためにあれこれする。

善行を積んだり、破滅しても良いように農業とか魔法、料理なんかを極めたり、男装してみたり。

 

あのさ…なんでみんなせっかくの「悪役令嬢」を生かさないの?

 

悪役令嬢になったんだったら、断罪イベントで

断罪されないように完全犯罪にするとか、聖女潰す方向に頑張らないと!!

 

それじゃ普通の主人公じゃん!!!

 

イケメン王子に言い寄られて

「あれれ?これは原作で主人公に言うセリフのはず…」

じゃないんだわ。

そらお前が主人公の立ち回りしてるからだよ。

 

 

そして結局悪役令嬢という名ばかりの肩書きのハーレムヒロインが生まれる。

結局お前らハーレムに憧れてるだけじゃねぇか!

 

 

不遇の令嬢のパターンも大体同じ。

これは現世での原作ゲームなんかがない場合が多い。

転生したらどこかの国の令嬢!でも不遇!みたいな。

 

この場合ほぼ100%毒親持ち。

お前には才能がない!とかお前は不細工だ!とかで汚い服着せられて労働してる。

大体姉か妹がいて、親と同じく意地悪なことが多い。

 

そんな冷遇されている私の元に、ある日イケメン王子(または伯爵)から縁談…?!

みたいな話しかない。

 

 

イケメンの元に嫁ぎ、紆余曲折あるけど、隠れた才覚だの謙虚すぎる健気さに心を打たれてイケメンがメロメロに!

そして磨けば光る原石だった私はピカピカに磨かれて、両親と姉妹に報復!ざまぁ!

そしてイケメンと、優しいメイドたちと楽しく暮らしましたとさ!

 

このパターンよ。

シンデレラのオマージュみたいな話ばっかり。

 

 

ふと思うけど、悪役令嬢ものは兎も角、この不遇の令嬢ものって転生してる必要ある…?

人生2周目だから普通より冷静、っていう説得力持たせるためなのかな?

 

 

なのでみなさん。

もうだいたい今挙げた展開しか起こらない漫画ばっかりなので広告で気になってもリンク飛ぶ必要ないですよ。

特に代わり映えのないオチしかないんで。

 

 

とかいいつつ「あーこうなるんだろうな」ってわかっちゃいるけどつい読んでしまう自分もいる。

いいカモである。

 

 

\こちらもどうぞ/ 

tsuyuniyo.blog

tsuyuniyo.blog

tsuyuniyo.blog

 

『シェフをめざせ!』は地上波で放映すべき番組

 

ディズニープラスに入会してると、会員限定の番組がいっぱい見られる。

 

今CMやってる「あの夏のルカ」なんてクオリティ的には映画公開してもいいくらい面白かった。イタリアの雰囲気がいいかんじ。

f:id:tsuyuniyo:20210823184431j:image

 

 

 

他にもいろんな映画とか番組が見られるんだけど、その中で最近ダントツでおもしろかったのは『シェフをめざせ!』。

f:id:tsuyuniyo:20210823184551j:image

 

 

5組の家族が毎回テーマに沿った料理を作って、その料理の出来栄えを競う番組。

優勝した家族にはディズニークルーズがプレゼントされる。

 

まずディズニークルーズってなんだと思って調べたらくそ高かった。

f:id:tsuyuniyo:20210823185049j:image

 

クルーズって意外とリーズナブルに楽しめるって聞いたんだけど、そんなことないのね。

 

 

 

話は戻って、このお高いクルーズ旅行をかけて5組のお料理好きファミリーが戦う。

f:id:tsuyuniyo:20210823185241j:image

f:id:tsuyuniyo:20210823185327j:image
f:id:tsuyuniyo:20210823185338j:image
f:id:tsuyuniyo:20210823185307j:image
f:id:tsuyuniyo:20210823185317j:image

 

 

見ての通り、いかにも食べるのが好きそう。

 

青チームは清潔感という言葉を勉強してから料理して欲しい。

そのヒゲどうした。

1番下の黄色チームの母の髪型はそれでいいのか。

 

 

毎回ディズニーの作品がテーマの料理を作る。

「シンデレラがテーマの食事」

「アナ雪がテーマのスイーツ」

みたいな。

 

それに合わせてそれぞれの家族が話し合って、制限時間内で料理する。

途中ホントしょーもないレベルのミニゲームがあって、それで勝つと相手チームの妨害をしたり、ボーナスタイムを得る権利をもらえる。

見ている限り大したポイントにはならなそう。なくてもいいのではと思う。

 

 

どの家族もたしかに料理上手そうなんだけど、

ツッコミどころが多くて、全然食欲が湧かないかんじのものから

f:id:tsuyuniyo:20210823190026j:image
f:id:tsuyuniyo:20210823190031j:image
f:id:tsuyuniyo:20210823190036j:image

 

 

普通に美味しそうなものまで

f:id:tsuyuniyo:20210823190114j:imagef:id:tsuyuniyo:20210823190225j:image

f:id:tsuyuniyo:20210823192046j:image

 

色んな気分になれて、楽しめる。

 

 

司会者はずっとこのアンジェラキンジーって人なんだけど

f:id:tsuyuniyo:20210823190450j:image

こいつが中々のウザさでくせになる。

 

必死になって作ってる料理をつまみ食いしたり、

ピリッとしてる雰囲気の中で本当にどうでもいいような自分の話を始めたり、

ちょっとしたトラブルがあったら誰よりも大騒ぎしてて、見るからに邪魔。

 

 

それまではディズニー関係で働くシェフたちが審査員なんだけど、

勝戦の時に

 

「審査員としてスペシャルなゲストを呼んだわ!

私の家族よ!!!」

 

っつって10人くらい子供やら大人がワラワラ出てきた時には目が点になった。

お前の家族はなんのプロフェッショナルなんだ。

しかも結局ただ食べて帰って行って、審査すらしてなかった。

ただ食べさせたかっただけでは。 

 

 

日本であんまり馴染みのない料理を作るのも面白かった。

ガンボスープ」とか

バクラヴァ」とか

初耳みたいな料理は、作るのが難しいのかもよくわからなかったけど、なんかめちゃくちゃ美味しそうに見えた。

 

バクラヴァってパイみたいなトルコ系のお菓子らしいんだけど、美味しそうだった。

ただ歯が痛くなるほど甘そうではあった。

f:id:tsuyuniyo:20210823192306j:image

これはマリトッツォの次に来るスイーツ!!!…であってほしい。

食べたことないんだけど、マリトッツォって美味しいの?ただの生クリームパンでは?

 

 

番組全体を通して見ると、なんか大体ベーコンをグリルで焼いときゃ絶賛されてる感あった。

アメリカ人のイメージ通りだった。

 

でも、海外のベーコンてめちゃくちゃ美味しいよね。

カリッカリで。日本で売ってるのってあんまりああはならない。なぜなの?

 

 

どうせだれも見ないだろうからネタバレするけども、最終的には水色のチームが勝って終わる。

ポスターになってるピンクチームが優勝すんじゃないんかい。

 

 

 

そんなかんじで、NHKソーイングビーみたいな枠で放映すべきクオリティの面白さだった。

シーズン2もやってほしい。

 

 

\こちらもどうぞ/

tsuyuniyo.blog

tsuyuniyo.blog

tsuyuniyo.blog

 

 

「ひぐらしのなく頃に」で胸が締め付けられる…

ひぐらしの業と卒、みてますか?

 

ちゃんと今作もおもしろい!

というか前作のことは「おもしろかった」「すごかった」みたいなIQ12レベルの感想しか思い出せず、「結局誰がどうだったんだっけ…?」ってなってて見直したほうがいいのか迷ってる。

え、鷹野さんが黒幕だったんだっけ…?

 

 

とりあえず、前作の主人公は圭一かと思わせて梨花ちゃんだった。

f:id:tsuyuniyo:20210819133618p:image

梨花ちゃんは雛見沢村で起きる災厄を止めるために100年間タイムリープを繰り返してる。

前作の最後には災厄を回避して誰も死なないトゥルーエンドに辿りついた!的な話だったはず。

 

今回はその災厄も起きずにタイムリープも終わったはずだったのに、何故か散々繰り返した昭和58年6月に戻されてる!って話で始まる。

 

梨花ちゃんは雛見沢で100年も同じ時を繰り返したせいで雛見沢にうんざりしている。

うんざりしすぎて高校生になったら他県のお嬢様学校である聖ルチーアを受験したくなってる。

 

梨花ちゃんには親友で、切っても切れない関係の沙都子がいる。

f:id:tsuyuniyo:20210819134757p:image

 

2人の間には「離れる」という選択肢が存在しない。

なのでもちろん沙都子も一緒に受験するんだけど、梨花ちゃんとは反対に沙都子は雛見沢が好きだし、ルチーアが合わず、勉強もついていけない。

 

ルチーアではいたずらを仕掛けて梨花に雛見沢の頃を思い出してもらおうとするも、失敗して梨花の取り巻きに怪我をさせ、お仕置き部屋に入れられたりする。

 

聖ルチーアはお上品学校らしく、生徒も教師も「ルチーアの品格」がどうたらと散々言ってるくせに、お仕置き部屋はこのクオリティ。

 

f:id:tsuyuniyo:20210819135526j:image

オレンジの服まで着せられて、完全にアメリカの刑務所パロってる。

 

やることめちゃくちゃ下品じゃねぇか!

 

 

沙都子は聖ルチーアを受験する前に戻りたい!と思うようになって、ループ能力を与えてくれる神的な存在と出会う。

 

ループ能力を得た沙都子は

梨花が雛見沢から出たいなんて思わないようにさせる」

という野望を叶えるために、梨花ちゃんの気力と希望を全て奪うために、暗躍する。

 

 

その下準備として、梨花ちゃんが繰り返した惨劇の100年の内容を全部見たり、何度も自殺を繰り返してループし、過去を調整していく。

 

 

こんなことする忍耐力あるなら絶対聖ルチーアで勉強頑張った方が楽だと思うんだけどね?

 

 

沙都子がループを繰り返すことで影響を受ける人物がいる。

それが沙都子の叔父、鉄平。

f:id:tsuyuniyo:20210819151428p:image

 

見た目通りの輩。

前作では沙都子を虐待してるクズキャラだった。

 

でもループの影響で一部の記憶が共有され、自分が殺されたり孤独死する夢を何度も見る。

それにより「自分はロクな人間じゃないな」と改心して、唯一の肉親である沙都子を大事にし始める。

 

どこの方言なのかわからないけど、優しくなった鉄平の言葉がめちゃくちゃ哀愁漂ってる。

 

「俺にはもう沙都子しかおらんね。」

 

とか言ってめちゃくちゃ優しくしてくる。

 

パチンコの景品のお菓子とか律儀に渡してくる。

沙都子の力になりたいって周りをうろちょろしてる。

 

もう鉄平はいつからこんな沙都子のペットになったの?ってくらいヘコヘコしてる。

健気で可哀想なおじさん化してる鉄平に、もうギャンッギャンに心を掴まれる。

 

 

私健気なおじさんに弱いからそういうのやめてほしい。

 

結局鉄平は沙都子に利用されるだけされて適当に扱われる未来しかないから、その末路を含めて哀愁がすごい。

 

 

見てると手に汗握って鉄平を応援してる自分がいる。

「鉄平ぇ!もう沙都子に関わっちゃらめぇぇぇ!それ以上優しくしちゃらめぇえぇぇ!」って叫んでる。

 

 

前作あんなクズキャラだったのに、もはやヒロインの風格。

 

 

 

 

そんなひぐらしはサンリオとコラボしたんだけど。

 

f:id:tsuyuniyo:20210819152747j:image

f:id:tsuyuniyo:20210819152844j:image

 

なにこのコラボ。

キティ毎回コラボで無茶するよね。

 

 

そして鉄平。

f:id:tsuyuniyo:20210819152900j:image

 

こいつ幼女虐待してたんですけど、けろっぴはいいんすかね。

共食い気味のドーナツとか差し出してるけど。

 

 

 

 

 

 

 

これ可愛くない?ほしいんだけど(小声)

 

 

 

\こちらもどうぞ/ 

tsuyuniyo.blog

tsuyuniyo.blog

tsuyuniyo.blog

 

夏にぴったりな映画「真夏の方程式」観た

福山雅治ガリレオシリーズの「真夏の方程式」をみた。

 

f:id:tsuyuniyo:20210815232452j:image

 

めちゃくちゃネタバレするので知りたくない人気をつけて。

 

 

 

2013年の映画なだけあって、吉高由里子のメイクがくそ時代を感じるメイクだった。

今こんな囲み目で目尻跳ね上げるアイラインしてる人いない。

 

f:id:tsuyuniyo:20210815232717j:image

この人茶髪のが可愛くない?

あれですか、例のパーソナルカラーってやつですかね?

 

f:id:tsuyuniyo:20210815232818j:image

かいつまんで説明すると、14年前に中学生の杏が西田尚美を刺し殺して、その罪を、実はホントのパパである仙波が被る。

 

川畑重治(前田吟)は托卵された父親だけど、それを知っていてもなお、愛娘の過去の罪を隠匿するために刑事の塚原を殺す。

 

その殺人の片棒を恭平くんという男の子に担がる。

 

という話。

 

 

 

以下感想なんですけど。

 

川畑家の人間、殺害動機軽すぎる。

もうゴキブリ潰す感覚で人のこと殺す。

 

 

まず最初に、西田尚美

「私は本当のこと(風吹ジュンが托卵してること)知ってる。金用意しとけって伝えろ。」的なことを中学生の杏に言って、家に飾ってある家族写真を奪っていく。

 

この時点では西田尚美なんもしてない。

父親が別にいることも言ってないし、お金せびりそうだけどまだ何もしてないし、本当に家族写真取っただけ。

 

 

そんなほぼ何もしてない初対面の西田尚美に「写真返せっ!」って包丁持って雪の中追いかけて刺殺する。

 

 

そんなことある?

 

写真撮られたくらいで刺し殺す?

この時点で大分サイコパスの気質ある。

 

 

その後、実の父親が罪を被ってくれたお礼に、父親の地元の海を保護することに尽力する。

 

この時の杏は明朗快活!ヘルシー!元気!みたいな日焼け美女キャラ。

 

普通人殺しておいてこんな真っ直ぐな曇りのないかんじに育つ?

やっぱサイコパスみを感じざるを得ない。

 

 

自分は実の父親ではないということは前田吟はわかっていながらも、娘の杏に愛情をたっぷりかけて育てる。

杏が殺人をして、それを実の父親が庇って逮捕されたことも知ってるけど、知らないふりをして過ごしてる。

 

 

刑事が真相をかぎつけて杏のもとへ訪ねてくると「杏のピンチや!よっしゃ!殺そう!」みたいなノリで即殺。

その際孫くらいの関係性の恭平くんに殺しの片棒を担がせる。

妻の風吹ジュンにも死体処理を手伝わせる。

 

 

いやもう怖すぎる。

お前杏のことしか愛してないやんけ。

 

 

福山は子ども嫌いだけど、恭平くんが不憫すぎてペットボトルロケットなんか作っちゃって思い出の上書きを試みる。

このシーンはよかった。

 

最後は風吹ジュン前田吟も逮捕されて、杏も自殺しかけるけど福山に「君は恭平くんを守ることが使命だ!」とか言われて持ち直す。 

 

 

思ったけど、托卵した風吹ジュンが1番悪くない?

まあまあおもしろいけど、容疑者Xの献身のほうが圧倒的におもしろいです。

ぼく夏っぽくてノスタルジーなんで夏にオススメです。

 

 

\こちらもどうぞ/

tsuyuniyo.blog

tsuyuniyo.blog

tsuyuniyo.blog

 

 

ただ『おかげ庵』を紹介するだけのアレ

甘味喫茶(甘)おかげ庵ご存知ですか?

 

愛知県民ならきっと知ってるお店。

私愛知県民じゃないけど。

 

店舗が全国に10店舗くらいしかなくて、そのほとんどが名古屋。

あとは東京と神奈川にチラホラ。

 

 

 

コメダ珈琲の系列店で和カフェってかんじ。

これどこの店舗の写真かわからないけど。

 

f:id:tsuyuniyo:20210813222636j:image

 

内装は完全にコメダ珈琲だから、オシャレ感なくてめちゃくちゃ入りやすい。

 

そして最高すぎるところがコレ。

f:id:tsuyuniyo:20210813222743j:image

 

団子が焼ける!!!!

 

目の前にミニ七輪みたいのを置いてくれて、お団子、大福、五平餅あたりを自分で焼かせてくれる。

めっちゃ楽しい!エンターテイメント!

 

焼きたてのお団子なんて食べることないし、まして自分で焼くこともないしめちゃくちゃ美味しい。

 

味は醤油、あんこ、きなこから選べる。

醤油味とか五平餅なんかは好きなだけタレつけられるから、味付けも好みにできてめちゃくちゃいい!!!

 

食事もあるんだけど、それがコレ。

f:id:tsuyuniyo:20210813223118j:image

THE名古屋メシ。

 

あんかけスパって食べたことなくて、ここで初めて食べた。

意外と辛い。

 

あんかけスパ、鉄板で出てくるんだけど、もう人が食べられる熱さじゃなくなってる。

あんかけが鉄板の熱さに拍車をかけてる。

 

多分みんなフォークで巻いて一回口に入れた後「ぁづっ、」ってつってそのまま出してるはず。

 

味噌煮込みうどんは食べたことないけど、絶対熱いよね?

土鍋で煮込んでそのまま出てくるんでしょ?

絶対熱くね?

 

名古屋の方は唾液が液体窒素かなんかなんですかね。

 

 

甘味も抹茶クリームあんみつとかほうじ茶モンブランとかあってめちゃくちゃ美味しそうだし、なんたってコレがある。

f:id:tsuyuniyo:20210813223903j:image

抹茶シロノワール

 

偉そうに語ってるけど、抹茶シロノワールどころかシロノワールも食べたことない。

あれって美味しい?教えて。

私バニラもソフトクリームも食べられないんだけど、これならいけそう。

 

 

f:id:tsuyuniyo:20210813224028j:image

 

飲み物も抹茶パラダイス。

ほうじ茶系も豊富だし、めちゃくちゃ美味しい!

 

抹茶好き。

抹茶ラテとかガムシロ入れまくって飲むと背徳のおいしさ。

 

 

f:id:tsuyuniyo:20210813224434j:image

 

ちなみに行ったことないけど、名古屋発祥なだけあってモーニングもやってる。

店舗によっては、トーストに伊予柑マーマレード付けられるとかで、めちゃくちゃ美味しそう。

おにぎりセットの申し訳程度のわらび餅もいい味だしてる。

いるかい?そのわらび餅。

 

 

コメダ系列店なだから、食事なんかも結構ちゃんとした量あるのがいいところ。

お食事セットでデザートにお団子つけたりすると、そのあと1食抜くレベルでお腹いっぱいになれる。

 

 

もし近所にあったら毎朝通いたいくらい気に入ってるおかげ庵。

近くにある方はぜひ行ってね!

 

 

 

 

 

こんなに熱く素晴らしさ語ってるけど、あんまり近くになくて1回しか行ったことないんだ、へへ笑

 

 

\こちらもどうぞ/ 

tsuyuniyo.blog

tsuyuniyo.blog

tsuyuniyo.blog

 

全ての『親友』を救済したい

子供〜ティーン向けの青春物語ってさ、9割型展開一緒じゃない?

 

 

【パターン1】

夢に向かって努力する主人公→親友という名のライバルと切磋琢磨→中盤トラブルがあり、主人公の失言により仲違い→主人公考えを改めて謝罪→親友(ライバル)に勝利→「次は負けねぇよ」or「お前には敵わねぇ」でハッピーエンド

 

※親友がチームメイトの場合は、仲違いの後に和解し、親友のサポートからの主人公の決めの一手があり優勝する。

 

 

 

【パターン2】

夢に向かって努力しつつ恋する主人公→全力で応援してくれる親友→中盤トラブルがあり主人公の失言により親友&意中の人と仲違い→主人公考えを改め謝罪→親友と仲直り&両思いでハッピーエンド

 

 

大体コレ。

 

ハイスクールミュージカルなんて3作品ともパターン2の展開だった。起きるイベントが違うだけ。

全部トロイが謝ってた。え、これトロイ悪い?って展開でも謝ってた。

1回くらいガブリエラが土下座しろや。周りの奴らがトロイに謝る展開こいや。

 

ハイスクールミュージカルへの怒りは一旦置いといて。

 

 

これさ、毎回親友が可哀想じゃない?

 

 

いつも八つ当たり的なことされて、酷いこと言われて。

「お前にはがっかりだ」的なことも言わないといけなくて。

ちょっと悪者になる展開もあったりして。

テキトーな謝罪を受けて許さないといけない。

挙句試合にも負けたりして。

親友と書いて踏み台と読むの?

成功という名のフラッグを掴み取るための踏み台でしかなくない?

 

 

少女漫画でもさ。

主人公の親友めちゃくちゃ姉御肌でいい人なのに、主人公の当て馬だった人とくっつけられたりする。

主人公に玉砕して、その親友に慰められてキュンとする、とかよくある。

明らかに主人公よりいい人なのに、お下がりですか?

処女厨みたいなこというけど、主人公の中古当てがわれちゃってる。

 

どうしても周りのキャラとくっつけるなら、最初から親友にメロメロであれよ。

 

 

月刊少女野崎くんでも出てきてた話題だけど、女の子攻略系ゲームで、情報通の親友が異様なサポート力で応援してくれてる、とかさ。

女子との親密度とかなんでお前が知ってんねんてこと教えてくれたりする。

自分の恋愛は二の次で(というか出てこない)、青春全部をかけて主人公のサポートに徹する。

 

そんなヤツ、いる?

 

 

でもそんな親友にこそ幸せになってほしい!

親友にこそ、誰よりも幸せになってほしい!

主人公以上の勝ち組になってほしい!

恋愛に勝って、試合にも勝って欲しい!

主人公トスからの親友アタックで優勝してほしい!

進研ゼミを始めたことで恋愛も部活も勉強も上手くいくが如く、幸せになってほしい!

 

 

 

例えばさ、こんな展開あったらいいんじゃないかな。

 

 

私は親友!普通の女の子♡

学校で1番カッコいいイケメン君に片想い中の主人公チャンを応援してるの。

主人公チャンとはバドミントンのペアで、毎日頑張ってるんだぁ!

主人公チャンがイケメン君と付き合えたらいいのになぁ。

 

ある日、イケメン君が私を呼び出してきたの!

なに?主人公チャンのこと、聞きたいのかな?

 

 

イケメン「主人公の隣にいるお前のこと、いつも目で追ってることに気づいた。お前が好きだ。」

 

えぇ?!そんなぁ!イケメンくん…。

 

親友「ごめんね、主人公チャンの応援してたからそういうのは考えられないの…。」

 

イケメン「わかった、でも俺の気持ちは変わらないから。」

 

親友「イケメンくん…。」

 

そんな中、学校で2番目にカッコいいと噂の当て馬君が、主人公チャンのことを狙ってるみたい!

当て馬くん、イケメン君以上に良い人なんだよね!

主人公チャン、どうするんだろう。

 

 

当て馬「もしかして誤解してない?俺が主人公チャンのこと好きだって。俺が好きなのは、ずっと…親友チャンだよ…。」

 

親友「当て馬クン…!で、でも…私…。」

 

当て馬「イケメンより俺のこと…選んで。」

 

 

そんなこんなやりとりが主人公チャンにバレちゃった!どうしよう!!

 

 

主人公「親友チャンはいいよね!私の気持ちなんてわからないよ!!!!

イケメン君も…当て馬君のことも…!

親友チャンがそんな軽い女だと思わなかったよ!!」

 

親友「ひどい…。私が応援してたのは、誰でもない、主人公チャンだったよ…。

イケメン君とも、当て馬君とも付き合うつもりなんてない。

大事なのは…主人公チャンだったから…。」

 

主人公「…。」

 

 

〜翌日〜

 

 

主人公「…親友チャン、昨日は酷いこと言ってごめんなさい…。私、どうかしてた。

許してもらえるとは思ってないけど…それでも…。

私やっぱり親友チャンと…これからもずっと、一緒にいたい!!!」

 

 

親友「ごめん、ホントごめんね。ちょっともう無理だわ…。

軽い女とか言われたし、ホントちょっと無理だわ。ごめん。」

 

 

主人公「えっ…。」

 

 

そうして私はバドミントンのペアを別の人と交換してもらって、新パートナーと切磋琢磨して無事に大会で優勝!

やったー!!

主人公チャンはうまくいかなかったみたいで、初戦敗退しちゃったの、残念。

 

 

そしてイケメンくんと当て馬くん、どっちも私のことまだ待つって言ってる。

 

これからどうなるのーー!!!?!?!

 

 

 

的な漫画どうかなって思ったんだけど、なんか希薄な人間関係がリアルすぎて楽しめなさそうだなって。

 

親友には申し訳ないけど、少年少女の夢のために『親友』というカルマをその身に背負ってもらう他ない。

 

すまない…親友…。

 

 

 

やっぱ王道には王道の理由があるよね。

夢がないとさ?

 

 

 \こちらもどうぞ/

tsuyuniyo.blog

tsuyuniyo.blog

tsuyuniyo.blog

tsuyuniyo.blog

 

PVアクセスランキング にほんブログ村